LINEで送る
Pocket

テレビテニス

日本のテレビゲームのルーツはここにあった。

スマホも最初はガラケー

日本のテレビゲームのルーツはここにあった。

確かに、今の時代では、テレビゲームなるものは、普通にどのご家庭にもあるので、そんなの当たり前。みたいな風潮があります。

しかし、やはり、今の時代に普通にあるものでも、最初、つまり、ルーツというのもあるわけです。

例えば、今皆さんが何気なく使っているスマホ。

あれだって、たどっていけば、電子手帳という流れと携帯電話と言う流れがあって、携帯電話は、芸人の平野ノラさんが方からかけているどでかい弁当箱みたいなもの。

あれが、ショルダーホンといい、いわゆる携帯電話の始まりで、電子手帳は、メモリー機能付き電子卓上計算機というものがあって、電卓なんだけど、電話番号とかも記録できると言う代物が始まります。

その2つの流れがドッキングして出来たのが、スマホです。

それらと同じようにテレビゲームにもルーツがあるのです。

懐かしのゲーム機を紹介するなつゲーハード。

今回のお題は、「テレビテニス」。おおー懐かしい。

 

テレビテニス

以前お伝えした世界初のテレビゲームがオデッセイ

日本初のテレビゲームがテレビテニス

そうなんです。

ルーツをたどっていくと、前回、お伝えした、オデッセイがテレビゲームの最初のゲーム機と言われています。

では、日本で最初に始まったゲーム機もオデッセイなのか?というと、実は、違ったりします。

それが、エポック社のテレビテニス。

ものは、四角い箱でパドルコントローラーも本体にくっついていて、今のようにコードがあって取り外しが出来たりなんてことは出来ません。

まあ、PSPのボタンと十字キーの部分がパドルになっていて、そのままでかくして、液晶もないやつって感じのものです。

もし、イメージが付かないという人がいたら、アイキャッチ画像を確認して下さい。

と言うことで、いつものようにデータから

【データ】
名称:テレビテニス
発売日:1975年9月12日
メーカー:エポック社
コントローラー:バドルコントローラ

 

テレビテニス

ゲームもシンプルで白いボールをラケットで打つだけ

しかもビルトインしているゲームのみ

ゲームもシンプル

白いボールをラケットで打つ

このテレビテニス、実は、今のようにカセットの交換やアプリのダウンロードとかも出来ず、既に、ビルトインしているゲームのみしか遊べませんでした。

しかもそのゲームたるや、シンプルなもので、画面に左右に1本ずつ、各10cmほどの縦線が出現します。それがラケット

画面真ん中には白い縦線が上から下まで弾かれていて右と左が分かれている状態になります。

そこへ、四角いボールをラケットで打ち返し右と左にボールが行ったり来たりして、ボールが打てなくなってしまったら負け。

と言うシンプルなゲームでした。

しかも、いくつか入っているゲームもベースは、今説明したゲームの流れで、テニス、ホッケー、卓球など、ボールをラケットで打ち返すようなゲームばかりでした。

LINEで送る
Pocket